« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月27日 (火)

7月25日 レン耐 6時間耐久 ツクバコース1000 その3

今回はスタッフも揃わないのに2チーム体勢
・・・ですが 自分の26号車を中心にレポートしていきたいと思います。

ゼッケン25 超軽合金Z@六本木ボブハウス
六本木ボブハウスは老舗のライブハウスで医療関係者や芸能人がお忍びで通うという、ハゲとエロがテーマという、ちょっとおかしい(爆)大人のライブハウスです。

ライダー構成は 40歳から60歳までのバイクレース全盛期のメンバー+Team orzのライダーでした。

ゼッケン26 超軽合金Z@八王子いっぱしや
八王子いっぱしやは知る人ぞ知る八王子の味噌らーめん専門店 店主のいっぱしさんは48Hという希少なRZ350Rのオーナーでまことにバイク好きな方です。

ライダー構成は 20代を中心とした若手で構成していました。
おいらはとうぜん 若手です。( ̄^ ̄)v若いおねーちゃん大好きだしハート達(複数ハート)

P7250185
スタート前の緊張の時間が流れます。 ヘルメットの中のナプキンが汗を吸い取ってくれているのがわかります。スタート前の儀式を終え前回のようにポールショットを取るためのイメージトレーニング・・・・って 今回50ccなんですよね^_^;
しかもスタート位置は30台中25番目 練習走行は走れていないので、いきあたりばったりのマシン・・・・ 


542625_327555649_80large 170210_327582725_7large
日本国国旗が振り下ろされスタート!! 普段から仕事で走り込んでいるので複雑骨折で右足がサイボーグになっていても、同年代には負けないダッシュ力はあります。

170210_327582704_30large
ほら・・・30代メイドより速かった!

1ヘヤまでに20台ごぼう抜き・・・・100cc先頭集団に食らいつきます。

しかし、この先が大変・・・コーナーはこちらの方が速いのですがストレートで抜かれてしまう。後続の50ccとのアドバンテージを稼ぐためには  この100cc2台を抜かないと・・・・ しかも50cc相手にブロックまで仕掛けてきています。凸(-_-メ)  「てめぇ~ 普通に走ればそっちの方 が速いんだからさっさと行ってくれ!!(心の叫び)」

170210_327582602_82large

そのうち周回遅れやPIT INが発生して喜びの単独行!!

15828018_327954647_218large

前回筑波の幻の優勝を繰り返さないためのも周回ごとに掲示板をチェック!コンスタントに53秒台前半・・・・詰めれるとこは限界まで詰めて・・・ 52.739 (^_^)v フロントもリアも滑りっぱなし・・・だけど この滑りをコントロールして詰めれば後半にエンジンが垂れてきても(サスペン ションにSEVも貼られることだしd(^-^)ネ!) 同じタイム出せることを確信して自分の走行時間30分を終え 今回は素直にPIT IN!!
25号車の転倒を伝えられ・・・ 26号車は単独で総合優勝(爆 を目指して走ることになります。

2番手 ペケ坊だったっけ?にバトンタッチ・・・ペケ坊は今度 DE耐に某有名チームから出場するという期待の新人 ・・・・・が・・・・ やってくれました!! 

サインボード見間違い・・・・ 

「25号車」に出されたサインボードを見て 緊急PIT IN!
予定外のPITスルーに本部は大騒ぎ・・・・転倒 ローテーションに切り替えて順位の確認・・・・ 良かった まだクラストップにいます。そしてノルマをはたして、ライダー交代

3番手 ぅらくん 冬のレン耐で筑波のチーム内レコードを出している若干19歳期待の星!走りも安定しているので安心しておじさんはクーラーの利いた本部テントで仮眠を取れます。 100ccに抜かれても50ccとの差は拡げてくれます。 

15828018_327954535_128large

4番手 フナさん 最初は上司命令で嫌々だったのですが、いつのまにかチーム内で一番のレン耐フリークに・・・タイムも走行も今秋結婚が決まりプライベートも充実しています。 PIT回数とかも充分にクリアしてトップを守り役割を果たしてくれました。

5番手 丈寅さん オフ車乗りなのでロード初心者です。しかも、大柄高さはこすけっ!の2倍ぐらいあります。体重は10kgぐらいしか違わないの ですが・・・(>_<)ヽ (おいらが重すぎるのね・・・) 周りを威圧しながら走っています。 足が長い・・・ いいなぁ

15828018_327954628_95large

最後のスパート為温存されていたおいら抜いた数サイクルが終わった2時間44分通過時点で・・・ 今回の一番のドラマが・・・

我々の目の前 最終コーナー出口でたすきを掛けたチームが他チームのバイクに接触し転倒 それを無事よけたフナさんが他のバイクに接触されて転 倒・・・4台が重なり合ってコース外へ 痛い足を押して一番でピットに押して戻ってきたフナさん罰金を払ってコースに戻れるハズが・・・

Sn3e0023

タンクに穴!!! 

Sn3e0024

真横にタイヤ痕・・・

予備のタンク&車体は無いという事情は説明されたので、すんなり リタイアを承諾して・・・・(まぁ 危険行為なんだからブラックホワイトフラッグで走行辞めさせてタンクをウチに・・・とも思ったんですけどね(笑))

約3時間の熱い耐久レースを26号車は終えることになりました。
あ・・リザルト 30位じゃなくてリタイアですから・・・

あ・・・「負けた」なんてこれっぽっちも思っていませんよ。
残り全部おいらが走れば総合トップに追いつく自信あったし・・・(嘘
26号車ライダーの実力ならSEVの力を借りて追いつくことも可能なんですから!!

--------------------------------
たすきライダーを保護をしないライダーの存在にはちょっと、頭にきていましたので、
お門違いですがレギュレーションの厳格化を拓磨サンに求めました。
 (拓磨サンは勘違いしていたようですけどね^_^;)
ルールは好きじゃないけど、決まったものに対して従わないとレースじゃ無くなりますからね

独り言:最近は接触転倒とかあやまりに来ないのね。。。。淋しかったなぁ 
これも時代の流れなのかな? PITの真ん前でまんま見ちゃったもの・・・
--------------------------------

残りの3時間は 再びの転倒やチェーン外れトラブル!!などなど、必死こいて猛暑の中走っている 25号車を後目に

涼しいテントの中で20代の健全な若者相手にどこどこのなになにちゃんは良いとか ○俗の話やあんな子としたとか武勇伝などをしていた・・・・訳なんかないじゃないですかw 

まぁ ともあれ楽し悔しい一日でした。
次回は9月26日筑波に参戦予定です。

9622714_315422372_22large

最後に、毎回監督をつとめてくれるさかぐちさん 
「右中大脳動脈瘤」という大変な病気 8月に手術だそうですね。
Zットん!は一人かけても成り立たない有志の集まりです。
ですから、絶対になおして9月のレン耐に戻ってきてください。

『未来に向かって希望を持つことのすばらしさ』を
             みんなでわかちあいましょう!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

7月25日 レン耐 6時間耐久 ツクバコース1000 その2

なんとか7時に筑波到着・・・

設営・・・
今回は夏の耐久用秘密兵器を用意しました。



Sh3f0006
エアコン!!



ブルーシートで囲って橋の下のレゲェおぢさんの家を造り、LAPモニター 周回計算用PCを設置して本部テント完成!
炎天下のサインボード本部(爆 勝手にさかぐち監督に任せ CEOは涼しい本部テントの中から全体のLAP、PIT回数を計算しつつ全体指示を送る。。。作戦

今回も100ccのかなぶんさんが総合優勝候補だろう、つづいてノックーオーバーさん
50ccはナカテツ2輪部さんかな?エゴキッズさんかな?

各チーム分散したエース集めて直接対決もしたいが 我がチームのポリシー!

Imgp3093
「かならず初心者を入れて レースの醍醐味を経験して貰う!!」
(初心者ブリーフィング風景・・・)

P7250198
「(レースを趣味として楽しめる)若手ライダーの育成」
(19歳の若者)

9622714_315422372_22large  
男@おやじ領域なのであまりしたくないが・・・「オタクライダーの保護」
                (女の子のレイアーさん募集中ハート達(複数ハート)


とにかく安全に楽しむ!!
そしてちょっとだけ、レースなのだから表彰台を目指す。

個人目標は 「夜勤明けでも 一番時計!!」

そんなかんなでいよいよ真夏の6時間スタートです。

P7250185

(傘もちは18歳~25歳の女性がいいなぁ・・・泣き顔

つづきはCM2のあとで・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

7月25日 6時間耐久 レン耐 ツクバコース1000準備編1

~プロローグ~

今年度の「超軽合金Zットん!?」チョット違います!

takuma-gpさんのトップメッセージに

「未来に向かって希望の持つことの素晴らしさを伝えたい。」

個人的にもいろいろあり、自分のバイクとのつきあい方を考え直そうとしていたときに、このトップメッセージが目に付きました。青木拓磨さんは、社会を動かし不可能と思われたサーキットに約束通りドライバーとして帰って来ました。
(その昔 ライバル視していたことは拓磨さんは覚えてないらしい。。。小石だしね(・_・、))

レン耐はレースがお金のかかる趣味の領域、エコロジーとは反対方向にあるという常識をひっくり返し、誰でも気軽に参加できる形のレースイベントに成長しつつあります。

Zットんは拓磨さんの支えつつみんなが楽しめる、『レン耐』への今年度の参加を決定しました。

全戦参戦も考えましたが代表である私が公共の利益に関する仕事のため、なかなか休みが取れず今年度は筑波&桶川SLのみの参戦ですが・・・

準備期間3ヶ月
仕事に追われながらも着々と準備を進めてきた2チーム体制・・・・

すべてがインターネットで知り合った人々です。
意志疎通や連絡がうまく取れず困っていることもあります。

が、それぞれの夢のため 未来のため 今回もZットんは走ります。

25号車 50cc
エースチーム (「元」選手権クラスライダーチーム)
『超軽合金Z@六本木ボブハウス
リーダー くろすけさん@負けず嫌いのお人好し
ご意見番 六本木おじさん@125と工口の達人
コスプレ(きも)担当 すがよしさん@魅せるライダー
コスプレ(??)担当  KYOYAさん@レイアーさん?
気合い担当  丈寅さん@モタードの達人
通訳? Hirokyeeさん@オフの達人

26号車 50cc
軽いつもりのお遊びチーム(見習い)
『超軽合金Z@八王子いっぱしや
リーダー こすけ@さすらいのピットクルー
キャンボーイ ぅらくん@未成年 あ~響きが良い
他チームの10代20代女の子ナンパ係  ぺけ坊@with meのライダー
他チームの20代女の子ナンパ係  フナさん@結婚直前
キャラがわからないので書きにくい さんだぁさん@

PITスタッフ
はりまおさん
蒼君
病人2号 (さかぐち監督)

以下 無理矢理
ゑびす様
はまぶさん

病人1号 豚 サル
あてにならないけど・・・つっちー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

2010年7月4日レン耐 第9戦秋が瀬(妄想編)

ついにレン耐も9戦 思えば長い道のりでした。

埼玉の今年の梅雨は降るようで降らない日々が続いておりまして、10キロほど離れた防所(笑)で奉仕者をしていた私は、天候を気にしながら、さぼって 職務の延長線上で見に行こうかと画策しておりました。

・・・さぁ 準備万端・・・

ざぁぁぁぁぁ~ 

大粒の雨・・・しかし、遠くは晴れているのでディスクワークに戻り止むのを待ちます。  
止んだので 「さぁ 行くぞ」と決意をして出発してしばらくして・・・ 

ざぁぁぁぁぁぁ~・・・


そんな事をしているうちに 仕事が入り結局 行けず・・・(>_<)ヽ

ツイッターで松下さんが
秋が瀬、凄いスコールでレース中断! やめてくれー!!

あのコースで豪雨・・・レッドフラッグ出ているんだろうなぁ・・・
どんなゲームで楽しませてくれているんだろう?

いろいろ妄想しながら。。。なかなか出れない秋が瀬レン耐次こそはと想いながら。。。


レース後、拓磨サンのブログの書き込みが現地にいなかった後悔をさらに倍増させてくれました。。。(>_<)ヽ

さぁ つぎは筑波1000 「Zットん」初の2チーム体制!!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »